医師紹介会社で良いコンサルタントを選ぶ裏技




今回の記事は良いコンサルタント=相性の良いコンサルタント
を前提にした話です。

良いコンサルタントの条件は色々ありますが、相性の良さというのは重要な要素の1つです。

大手や中小問わずコンサルタントはそれぞれ秀でたものがあります。

例えば、連絡のスピードがめちゃくちゃ早いコンサル、仕事がとても丁寧なコンサル、がんがんアドバイスしてくるコンサル、相談しやすいコンサル、経験は浅いけど一生懸命さが伝わってくるコンサル、先生のタイプに合わせて自身の営業スタイルを変えるコンサル・・・などなど、それぞれ違った良さがあります。

ですが、連絡スピードを優先したい先生と、仕事がとても丁寧なコンサルタントは、ひょっとしたら相性が悪いかもしれません。
仕事が丁寧なコンサルはメールもしっかり作りこむので、ワンテンポ遅くなります。

逆に丁寧な対応を第一優先と考える先生にとっては、連絡第一のコンサルタントは雑な印象を受けるかもしれません。

医師にも色々なタイプの方がいるように、コンサルタントも色々なタイプの人間がいて、万人にもれなく好かれるコンサルタントは なかなかいません。
大手だろうが小さい会社だろうが、色んな種類のコンサルタントがいます。

医療知識は会社で研修をすることができますが、どういった営業スタイルなのかは、やっぱりそのコンサルタント次第なんです。
良いコンサルタントは結果をきっちり残しますが、過程やアプローチ手段はコンサルタントによって異なります。

医師とコンサルタントは二人三脚でゴールを目指して走っていきます。
相性の良いコンサルタントだとストレスなく話を進めることができますし、良好な関係性を築けることで より深い話や相談もできるかもしれません。

では、どのように相性の良いコンサルタントを見つけるかと申しますと・・・

答えは単純で問合せの段階で どのような対応を希望するかを書いちゃうということです。

例えば、求人の問合せ時に「連絡スピードの早い方が助かります」と書いておくと、紹介会社はそういった対応のできるコンサルタントを担当にします。
アドバイスを積極的にしてほしい場合は「ベテランのコンサルタントを希望します」。丁寧な対応を希望する場合は「仕事が丁寧な方がいいです」。相談のしやすさを重視する場合は「押し付けがましくない方がいいです」など。

もし、問合せ求人の担当者(コンサルタント)が決まっている場合や、小規模な紹介会社でコンサルタントが選べない場合でも、上記のように書いておくと先生の希望にあった対応をしてくれるはずです。

平均点以上のコンサルタントは、自身の営業スタイルと先生が希望する対応が異なっていても、先生の希望に営業スタイルをチューニングできます。

そのような対応ができないコンサルタントは、こだわりの強いベテランか、平均点以下のコンサルタントです。

こだわりの強いベテランのコンサルタントについては、癖は強いですが仕事が出来る方も多いので、相性に問題がないようでしたら、そのまま依頼を継続して良いかと思います。

平均点以下のコンサルタントは後々の対応にも不安が残ります。コンサルタントもしくは紹介会社の変更をご検討ください。

どういった対応を求めているのかを事前に明確にしておくことで、相性の良いコンサルタントが担当になる可能性も高まりますし、コンサルタントの力量も判断ができます。

よろしければ、ご活用ください!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村 本日は21位にランクアップです。
トップ10はおこがましいので、11位~15位以内を目指しランキングへ参加中です!
1クリックご協力いただけると嬉しいです!よろしければ、お力添えお願いします。

※当サイトは、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスに参加しております。
広告は当サイトで推奨している商品ではなく、自動で表示されていますので予めご留意ください。



PVアクセスランキング にほんブログ村