非常勤求人『特に多い相談』の交渉難易度




常勤の求人はオーダーメイドな側面が強い印象が私はあります。
一方、非常勤はリフォームのイメージです。
型は決まっていますが、そこから先生に合わせて必要な箇所をお直ししていきます。
(もちろん、非常勤でもオペ求人や勤務日数によってオーダーメイドの要素が強いケースもあります)

本日は、先生からよく相談を承る非常勤の交渉内容について、これまでの私の経験を踏まえた難易度をご紹介いたします。
状況により難易度は変わりますし、あくまでも私の経験上の話です。
予めお含みおきください!

交渉難易度★

1日勤務を半日勤務へ変更

外来のアルバイトであれば、1日勤務を「午前」のみへの変更はOKなケースが多いです。
訪問診療の場合は、訪問スケジュールが決まっているからか、調整は難しい印象があります。
なお、1日勤務を「午後」のみにするのは、けっこう難しいです。

トライアル勤務の実施

以前の記事でもお伝えしましたが、医師の交代案件や精神科の外来以外では、トライアル勤務を医療機関側も了承いただけることが多いです。
ただ、病棟管理や訪問診療はなかなかトライアル勤務が実施しにくいので、病院見学や担当医師への同行などで対応をしてくださる医療機関もあります。

 

交渉難易度★★

給与アップ

正直にいうと難易度は★★★か★なんです。なので間をとって★★にしました。
なぜかと申しますと、非常勤は交渉可能な医療機関か否かがはっきり分かれます。
スキルや人柄云々ではどうしようもない医療機関もあるのです。
逆に交渉OKな医療機関の場合は、その医療機関の上限内の金額にはなりますが、面接やキャリアシートに問題なければ交渉はスムーズです。

専門医or認定医必須への応募

こちらに関しては先生のご経験年数にも関わります。後期1年目の先生と、今年専門医を取得予定の先生とでは、交渉難易度は異なります。
後期1年目だと★★★で、専門医取得予定もしくは、相応のご経験をお持ちの先生の場合は★です。
医療機関が専門医を求める理由の多くは、一定以上の経験を持つ先生が欲しいからです。
この一定以上の目安が現状では専門医の場合が多いのです。
あと、健診施設などは、昨今の患者さんの医療関心度の高まりから、「専門医による診療」で安心感やご納得をして受診いただくために専門医を求める場合もあります。
なお、精神保健指定医や、専門医の有無で診療報酬に影響が出るものについては交渉は難しいです。

勤務時間の調整

特にご希望が出やすいのは、勤務終了時間の調整や、当直の場合は勤務の入り明けです。
勤務終了時間の調整は、病院や2診制の施設ですと先方も検討していただける場合が多いのですが、1診ですとかなり厳しいです。
当直の場合は、あらかじめ調整可能な限度時間が決まっているケースが多く、そこからの調整は困難です。

勤務曜日の変更

基本的には難しいのですが、他曜日で勤務している医師の曜日変更ができれば、調整してもらえることもあります。
麻酔科やオペ案件に関しては、手術室の状況も関わってくるので、調整はけっこう難しいです。

 

交渉難易度★★★

女性医師限定への男性医師の応募

こちらは動かないケースが殆どです。都心の医療機関だとまず無理かと思います。
健診求人の増加に伴い女性医師限定の求人も増えてきました。また、健診のみならず皮膚科や美容でも女性医師限定の求人が多い状況です。

女性医師限定が交渉できるケースは、「なかなか医師が見つからない場合」です。
ですが、都心のクリニックだと切羽詰まってない限り、女性医師からの応募を待ち続けます。
都心は医療施設が多いので、そのぶん競争も激しくなります。
集患意識が高いので、女性医師の条件がなかなか外れないケースが多いのです。

交渉の可能性があるのは、郊外や地方の医療機関です。
こちらに関しては、診療に穴をあけるわけにはいかないので、女性医師が見つからない場合は、男性医師を検討していただける場合もあります。

男性医師限定への女性医師の応募

こちらの求人が該当するのは、AGAなどの男性美容系の求人です。
男性医師限定の求人は基本的には交渉はできません。女性医師限定と異なり、医師が見つからないケースでも、検討してもらえることはほぼありません。

勤務頻度の調整

毎週勤務必須の求人を、隔週や週1日にするのはかなり難しいです。
基本的に医療機関は「枠」として求人を出しているので、例えば先生が奇数週しか出勤しない場合、偶数週に勤務できるパートナーの先生を探さなければいけません。なかなか都合よく同じタイミングで隔週勤務の応募を受けることはないので難しいのです。

 

さいごに

交渉が上手くいくか否かは、応募する医療機関やコンサルタント、先生の協力度によっても異なります。
過去の記事もご参考ください。

気になる非常勤求人があり、もし勤務条件が少しだけ ご自身にマッチしない場合でも、ひょっとしたら調整できる可能性はあるかもしれません。

ですが、逆にかなり難しい条件だと、問い合わせするだけ、先生のお時間の無駄になっています。

医師紹介会社によっては、求人票へ詳細に交渉可能な範囲を記入している会社もあります。
(例:女性医師歓迎or活躍中←女性医師限定ですが男女雇用機会均等法により明記できないので、ぼやかして書いてます、勤務入り明けは○時まで調整可、毎週勤務必須などなど)

しっかりとご確認の上、医師紹介会社へ相談されてみてください!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村 本日は12位でした!最近はTOP10内が続いていたので一瞬落ち込みました。1ヶ月前までは20位くらいだったのに、贅沢になってますね(笑)ですが、クリック数は最近で1番よかったので一瞬で立ち直りました!
昨日から本日の17時にかけクリックしてくださった方、ありがとうございます!

※当サイトは、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスに参加しております。
広告は当サイトで推奨している商品ではなく、自動で表示されていますので予めご留意ください。



PVアクセスランキング にほんブログ村