「ブラックペアン」の医療解説にビックリ




皆さん、ご覧になっていますか?
ドラマ「ブラックペアン
日曜日の21時からTBSで放送中です。

私は録画派で、二宮さん目当てで録画はセットしたものの、
何だか暗そうな内容で、録画を見る気になれず・・・
そもそも、ドラマはあんまり見ないんで見続けるのが面倒という雑な性格です(笑)

重い腰をあげたのは、ドラマが開始されて1ヶ月位たってからなんですが、、
感想はめちゃくちゃ面白い!でした。

そして、二宮さん格好良すぎて痺れます。

さらに面白いのが、ブラックペアンのHPで がっつりした医療解説が紹介されているところです。
医学的解説のページはこちら
→→http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/information/
ページの下のほうに過去のバックナンバーがあります。

解説をされているのは、イムス東京葛飾総合病院 心臓血管外科医長の山岸俊介先生です。

慶應義塾大学ご卒業で、日本外科学会外科専門医と日本心臓血管外科学会専門医をお持ちです。

ブラックペアンの医療監修を担当されています。

HPを拝見すると、脚本段階から参加されていたようで、心臓外科医のリアルな姿を投影されているご様子が伺えます。
また、オペ看にも協力を要請し、実際の手術現場をそのまま再現されているそうです。

この医学的解説ページがかなり見応えがあるんですよ!
めちゃくちゃ詳しくってビックリしました!

毎回、「この場面ではこういった手術を行っていて、アプローチや考え方はこんな感じで、実際の症例の発生頻度はこれくらいで」という感じでかなり専門的に解説されています。

若手の心臓外科の先生が、ドラマをみて自分の考えをまとめてから、この解説をご覧になったら、とても勉強にもなるんじゃないかなーと思えるほど詳細です。

山岸先生のご経験や診療への想いから溢れ出る本音も書かれていて、私はすっかりファンになっちゃいました。

あと、ドラマのセリフの裏側について解説されているのも面白いです。

高階先生(小泉孝太郎さん):「そろそろ時間切れになるぞ

山岸先生(医療解説ページで):これは、「冠動脈の血流が落ちてしまって心筋に血液が行かずにもう少ししたら心筋障害が進んでしまって取り返しがつかなくなるぞ」という意味です。

という感じで紹介されているケースもあります。

私はドラマをあまり見ないので断言はできませんが・・・
医療監修はエンディングロールに協力者の名前が登場することはあっても、ドラマのHPで医療監修者が、がっつり医療解説をしているドラマは少ないのではないでしょうか。

ドラマをご覧になっている方や、若手Dr、ひょっとしたら将来的に医療監修を依頼されるかもしれない先生にとっては、見応えのあるサイトかもしれません。

よろしければご覧ください!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村 本日も14位キープできました。昨日もクリックしていただいた方、ありがとうございます。
トップ10はおこがましいので、11位~15位以内を目指しランキングへ参加中です。

※当サイトは、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスに参加しております。
広告は当サイトで推奨している商品ではなく、自動で表示されていますので予めご留意ください。



PVアクセスランキング にほんブログ村