公務員の医師、無断バイトで免職




8月3日のニュースのご紹介です。
ざっくり申し上げると、自治医大卒の先生が公務員として働いていた病院に許可を取らずアルバイトを行い懲戒免職になったという記事です。
MSNニュースで特に詳しく記載されていたので、ご紹介させていただきます。

徳島県は2日、医師としての研修と偽って職場を離れ、無断で他の民間病院でアルバイトをしていたなどとして、那賀町に派遣されて町立病院に勤務していた医療政策課の医師K(35)を同日付で懲戒免職にしたと発表した。アルバイトは3年5カ月間で324日に上り、約3800万円の報酬を得ていた。
県によると、K医師は同町立の木頭診療所や上那賀病院などに勤務していた2014年10月から18年2月の間、勤務が終わった後や休日に許可を得ずにいずれも民間の県内3病院と香川県の1病院で、外来診療や当直勤務に当たっていた。
このうち、17年4月から18年2月の間は、へき地医療に携わる医師を対象にした週1回の研修を受けているように見せかけて、アルバイト業務に42日間従事した。同町から支払われたこの間の給与約96万円を不正受給していた。
匿名の通報を受けた同町から17年12月、県に報告があり、調査した結果、不正行為が発覚した。県の指摘を受けてK医師は今年8月1日に不正受給した全額を町に返還した。町は刑事告訴を見送る方針。
県はこうした行為が地方公務員法の「信用失墜行為の禁止」「営利企業等の従事制限」などに違反するとしている。
K医師は県の聞き取りに「知人から手伝ってと言われてアルバイトするようになった。医療技術を学ぶために行っていた」と話しているという。
三好誠治保健福祉部副部長らは「研修に行っているかどうか確認が不十分だった。おわびしたい」として謝罪。管理監督責任を問い上司2人を厳重注意処分にした。研修への参加は毎月の報告を求めるなど再発防止策を講じる。
K医師は自治医大を卒業後、10年4月に県職員として採用。県立中央病院などでの研修や県立海部病院での勤務を経て、14~15年度は木頭診療所に、17年4月からは上那賀病院に勤めていた。
MSNニュースより

なかなか稀なニュースかと個人的には思いました。
公務員でもこっそりアルバイトをされている先生のお話はけっこう聞いたことがありますので・・・
ただし、休日や勤務外はともかく「週1回の研修を受けているように見せかけてアルバイトしていた」という点は、ちょっとやりすぎてしまったのかなと感じます。

自治医科大学卒の場合、皆さんご存知のように在籍年の1.5倍の年数を公立病院等で勤務する責務が発生します。その期間を全うできない場合は、奨学金の返還義務が生じます。
懲戒免職の場合、別の自治体では勤務ができるんですかね・・・
出来ない場合は、残りの年数に応じた返還も発生するので、職を失う以上のダメージを受けます。

個人的にちょっとびっくりした記事でしたので、共有させていただきました。
医師紹介会社のコンサルタントの皆さまもどうぞ十分にご留意ください。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村 本日は18位でした!久しぶりの15位圏外で、少しだけ落ち込ませてください…。

ランキングに参加中です。その1クリックがご本人が想像する以上に、とっっっても有難いです。

※当サイトは、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスに参加しております。
広告は当サイトで推奨している商品ではなく、自動で表示されていますので予めご留意ください。



PVアクセスランキング にほんブログ村