コンサルタントの裏話/面接で喋りすぎるDr




医師の面接は、人気病院や他に候補医師がいない限り、基本的には面接をパスする場合が多いです。

ですが、時には勿体ないミスで面接に落ちてしまう場合も・・・

そんな勿体ないミスで多いのが、喋り過ぎてしまう先生です。

面接で喋り過ぎるとどうなるかと申しますと、不合格の可能性が高まります

これは、ベテランの先生がやりがちなミスです。

緊張されているのか、それとも元々お話し好きだったのか・・・
とにかく喋りまくります。
感覚的には、先方3割未満で先生7割以上くらいかと・・・。

それが、応募されている医療機関の話や質問だったらまだ良いのですが、
多いのが自慢話です。

俺は凄いんだぞ、俺はこんな人とも知り合いだぞなどなど。ご自身の凄さをアピールした話に終始すると、先方のテンションはみるみる下がります

先生としては、ご自身をアピールするおつもりだったかと思いますが、実は逆効果なんです。

もし、先生が院長先生の立場でしたら、面接で自慢話ばかりの先生はどう映りますか?

恐らく、一緒に働きたいとは思わないはずです。そういうことです。

ちなみに、私はこういった傾向を面接前に感じ取れる先生には、お気を悪くしない程度にそれとなく注意を促していました。

緊張で喋り過ぎてしまう先生は、ぐっと話すのを我慢してみてください。
喋り過ぎる先生より、クールな先生のほうが実際は先方のウケが良いです。

お話し好きな先生は、事前にコンサルタントと打合せをされてみてください。
面接をする医療機関によって、アピールしてほしいポイントが異なります。
どういった内容を面接の場で話すか、事前に打合せすることにより的確なアピールが可能になります。

喋り過ぎはです!
どうぞお気をつけください

面接への苦手意識が拭えない先生へ

医師紹介における書類審査!匿名キャリアシートってなに?

非常勤でも「面接同行あり」の会社をオススメする3つの理由

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村 本日は12位でした!最近はTOP10内が続いていたので一瞬落ち込みました。1ヶ月前までは20位くらいだったのに、贅沢になってますね(笑)ですが、クリック数は最近で1番よかったので一瞬で立ち直りました!
昨日から本日の17時にかけクリックしてくださった方、ありがとうございます!

※当サイトは、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスに参加しております。
広告は当サイトで推奨している商品ではなく、自動で表示されていますので予めご留意ください。



PVアクセスランキング にほんブログ村